Requires a javascript capable browser.

外壁塗装・外壁サイディング貼り替え・屋根リフォームは外装リフォーム専門店のガイソー鹿児島店にお任せください。

鹿児島店

0120-716-713 ガイソーについて はじめにお読みください 会社案内 スタッフ紹介 ガイソーのこだわり 手塗りローラー工法 バイオ高圧洗浄 メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品
おすすめ外壁塗料
おすすめ屋根塗料
おすすめ外壁・屋根塗料
外壁サイディング
屋根カバー工法
リフォームの流れ お問い合わせ 見積り依頼★好評 資料請求 メール相談 カンタン見積り君 外壁・屋根診断 雨漏り診断 ボランタリーチェーン加盟店募集 メニューを閉じる
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップコラム > 仕上がりを左右する外壁塗装前の下地処理!塗装を長持ちさせる洗浄について
外壁・屋根
リフォームコラム
仕上がりを左右する外壁塗装前の下地処理!塗装を長持ちさせる洗浄について
2021年04月21日

突然ですが、皆様のお宅の外壁は「キレイ」ですか?
一言にキレイと言っても清潔感がある。という意味なのか、ヒビや割れなどのダメージが無い状態を指すのか、人によって解釈は様々だと思います。
もちろん、定期的に外壁塗装を行っているので我が家はキレイ!という方もいらっしゃることでしょう。

外壁を塗装することは、色や模様付けなどの見た目を良いものにするだけでなく、外壁に水が侵入しないように外壁を塗膜でコーティングして、風雨のダメージから家を守る役割を担っています。
他にも風雨だけでなく、紫外線や乾燥による劣化、湿気による細菌の繁殖、腐食から外壁材を守り、建物の耐久性を高めてくれるなど、塗装は家を守るために必要不可欠なモノです。

しかし、どんな塗料を使用しても、時間経過によって、徐々に塗膜の機能は失われるので、いずれ塗り替え工事は必要になります。
ですから「できるだけ長く家を守って欲しい。」そんな風に望まれる方が大半ですよね。

ちなみに塗装の塗膜がどれだけの間効果を保つかを左右するのは、外壁塗装前に施される下地処理がポイントとなります。

そこで今回は適切な塗装を施すために欠かせない下地処理について、ご紹介したいと思います。

外壁塗装の下地処理

外壁塗装を行う前の下地処理には、さまざまな種類がありますが、大きな工程として挙げられるのは2つ。「高圧洗浄」と「ケレン作業」です。

まず、窯業系サイディングボードやモルタル系外壁の場合は、高圧洗浄の強力な水圧で外壁に付着している汚れ、カビ、コケを洗い流していきます。
市販のホースの水では不可能な、物凄く強力な水圧なので頑固な汚れもスッキリこそぎ落とします。なぜ高圧洗浄を行うかと言うと、塗装を施す外壁材の表面に、余計な汚れや異物を残さないようにすることが必要だからです。

また窯業系サイディングボードやモルタル系外壁の場合は、外壁のダメージ進行状況により、クラックと呼ばれる、ひび割れが生じている場合があります。
クラックに対しては、小さなヒビであれば補修材で補い、大きめのヒビであれば外壁をカットした上で補修材を充填するなどの補修対応を行います。



一方、金属製の外壁材の場合はケレン作業を行います。サビの発生しているトタンなどの金属製の外壁材にはディスクサンダーという電動の研磨機や、ワイヤーブラシ、研磨スポンジ、紙ヤスリなどのさまざまな工具を用いてケレン作業を行い、外壁を整えていきます。
この作業によって、元々塗られていた塗料の塗膜、金属に付着したサビなどを丁寧に取り除いていきます。


このように、外壁の素地に合わせて下地処理を行い、塗装する面を丁寧に整うことで、塗料が外壁材へきちんと定着してくれるようになるのです!

外壁塗装を行う前には、とにかく現在の外壁材の壁面を綺麗な状態に保つこと。そして外壁材のダメージを見極め適切に補修しておくなどの入念な下地処理を行うことが、塗装工事成功の重要ポイントとなります!

下地処理をしないとどうなるの?

高圧洗浄とケレン作業。これらの下地処理を、怠ると、「せっかくの塗装が長持しない」という結果を迎えます。

特に金属製外壁材などの場合は、サビを除去しないまま上から塗装してしまうと、一見サビは隠れたように思えますが、見えない塗膜の下でサビは止まることなく進行し、徐々に膨張していきます。
そうすると外壁材がダメになるリスクが高まるだけでなく、塗膜の下で膨張したサビは、いずれ塗布した塗膜を割って表面に現れてきます。これがサビの再発生の仕組みです。

そうなれば、塗膜に生じた亀裂から、塗膜の内部に雨水や湿気が侵入してしまいます!
金属製の外壁材にとって、塗膜でコーティングされていない金属部分に水気が触れることは良いことではありません。それはもちろんサビを発生させるからです。

なおこれはどの外壁材にも言えることですが、高圧洗浄やケレン作業が不十分で、カビやコケ、砂やホコリ、油分などが塗膜の下に残っていると、塗料がうまく外壁材にのらず、外壁材と塗料が密着しない状態になります。すると、徐々に塗膜が浮いてきたり、はがれたりして、予期せぬトラブルを招いてしまいます。

これは、いずれも塗料の機能性が100%発揮されなかったことから起こることです。

外壁塗装に用いられる塗料には、種類によって15年、20年と長めの耐用年数が想定されているものもありますが下地処理が足りていないと、そのようなトラブルが発生することがあるので下地処理は慎重・丁寧に行う必要があると言えます。


水洗浄とバイオ高圧洗浄の違い

下地処理の工程において、大きなウェイトを占めているのが高圧洗浄です!
実はこれにも2つの種類があり、それぞれ水洗浄とバイオ高圧洗浄と呼ばれています。

いずれも高圧の水で、壁面を洗浄していくことに、変わりはないのですが、大きな違いは、使用する水に洗浄剤が含まれているかどうかです。
水洗浄は、上でご紹介させていただいたように、水道水を高圧で噴出して、その勢いで壁面の汚れを落としていく方法です。

ちなみに水道水での高圧洗浄はお庭の植栽などに、もし外壁を洗浄した水道水がかかったとしても、植栽への影響を特に気にすることは無いと言うメリットがあります。
水道水での高圧洗浄でも、壁面は綺麗になりますが、コケやカビといった菌類の根は、水の勢いだけでは除去できないことが多いと考えられています。

日当たりが悪く、湿気が強い場所の外壁の場合は、ほんの少しでも菌類の根が残っていると塗料を栄養として再び繁殖を繰り返すことがあるからです。

対してバイオ洗浄は、洗浄剤を水道水で希釈したものを噴きかけて一定時間おき、その後、洗浄剤で浮かせた汚れを高圧の水道水ですすぎ洗いするという手順で進められます。ですから壁面のコケやカビを徹底的にこそぎ落とすことが可能なのです。

市場に出回る洗浄剤にはいろいろな種類のものがありますが、カビやコケなどの菌類に働きかける成分が含まれているので効率良く外壁の汚れを落とすことができるというメリットがあります。
ただ、バイオ高圧洗浄は洗浄剤を使用する上、水の消費量も倍ほど必要になること。それに加え、水洗浄に比べて費用が高くなることについてはデメリットと言えるかもしれません。

そのため、外壁塗装前の下地処理を行う際は、施工業者にしっかりと相談した上で、どちらになさるかアドバイスをもらうことをおすすめします!


まとめ

今回は、普段の生活では、なかなか意識する機会のない工事の工程についてお話させていただきました。

どんなに良い塗料を使用する塗装プランも、下地処理が不十分だと、せっかくの塗装工事が台無しになってしまいます。外壁塗装前の下地処理は建物の状態を適切に保つ上で、非常に重要な作業ですから、今後、外壁塗装工事をご検討される際には、ぜひこの記事も参考にして頂ければ幸いです。


メール相談 まずは相談という方はコチラ! お気軽にお問い合わせください!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!